気話§桜始開~七十二候~春分

春分の次候“桜始開(さくらはじめてひらく)”である。

我が家の桜はまだ蕾が固い。気温は上昇傾向にあるけれど、それでも
週明けにならないと開花してくれそうにない。

日曜日に花開いた辛夷は順調に推移している。昨日は2本目の開花を
確認できた。日中の気温が初めて20度越えをしたことで、開花速度に
はずみがついてくれるだろうと期待している。

桜が満開になるのは4月2週に入ってだろうから、第3週までは悠々
と名残りの桜を楽しむことができるはずだ。

満開の桜もいいが、咲きはじめといい、散りはじめといい、最初から
最後まで我々の眼を楽しませてくれるのである。

人生の残り時間がすこしばかり寂しくなってきた。そうなると考える
のは、この先何度桜の季節を迎えることができるだろうかということ
で……うーん、さすがにあと30回というのは無理な相談だろうなあ。

追記:東京都心では、昨日3月25日に開花宣言があった。

画像

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック