限話§太陽も移動しているのである

先週だったか、宇宙の生成について百億年以上前に宇宙が膨張とか何
とか頭の痛くなる話が報道されていた。そこに添付されていた下の図
を見た素人は“その周囲に存在するのは何?”と突っ込んでみたり。

画像

さらに「宇宙は球体」とか専門家が発言したりすれば“球の外側には
何があるんですかー?”と聞きたくなるのである。

そんな訳のわからない、ほとんど堂々巡りでしかない宇宙の話を考え
ると、最後には“神様の領域なんでね?”とまで言い出しかねない、
エセ無神論者と成り果てるのだ。



という身も蓋もない前振りをしたところで見ていただきたいのが、こ
んなCG動画である。日頃、我々が目にする太陽系の図版は、太陽を
中心にして水星以下の惑星が何となく配置されたもので、動画にして
も太陽の周囲を惑星が回っているところ、常に太陽は中心にあって不
動の定位置を与えられている。

それですっかり我々は、宇宙の中にあって太陽は動かないままでいる
などと思い込んでしまっていることに疑問を感じていないのだ。そん
なところにこんなリンクを見つけたのだ。

そこで上の動画を見ていただきたいのだが、太陽は銀河系の中をいず
こへかと移動しているのである。その太陽に太陽系の全惑星達も一緒
になって銀河系を移動しているのだが、その航跡は美しい螺旋状とな
っているのである。

さらに下の動画を見るなら、太陽自身もまた直線的な移動ではなく、
これまら螺旋状の航跡で進んでいくということが見てとれる。



この動画を、16世紀の天文学者で宗教裁判にかけられた折「それでも
地球は回っている」と呟いたガリレオ・ガリレイが見たら「そうだ!
太陽だって回りながら移動しているのだ」とか叫ぶのだろうか。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック