ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー240号発売中!

<<   作成日時 : 2014/06/01 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー240号は6月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。

※消費税8%改定に伴い、4月1日発売より定価が変わりました。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー ジョニー・デップ

リレーインタビュー 清水憲治(アクセサリー・デザイナー)

特集 海と放射能。三陸の世界的漁場は?

“日本の原発1年分の放射能を一日で出す”という、青森の六ヶ所再処理工場。本格稼動すれば、下北半島から千葉県銚子沖までの南北約500キロメートルの、三陸・常磐という世界三大漁場のひとつが放射能汚染の危機にさらされるという。ここ72年間、人類は海へ放射能を出し続けてきた。核爆発、核施設、そして福島などの原発事故、この三つすべてに、日本は深くかかわってきた。 そこで、湯浅一郎さん(ピースデポ代表)に「海の放射能汚染の歴史と六ヶ所再処理工場」、また「三陸の海を放射能から守る岩手の会」世話人の永田文夫さんと「重茂漁業協同組合」組合長の伊藤隆一さんに、それぞれ話を聞いた。さらに、濱田武士さん(東京海洋大学准教授)に「三陸・常磐の漁業の今とこれから」についてインタビュー。映画『福島 六ヵ所、未来への伝言』も紹介。海の資源に支えられて生きている日本人。私たちは、三陸・常磐の海、日本と世界の海を守れるのだろうか。

ストリート・エコノミックス 想定の内と外 浜矩子

ノーンギシュの日々 象牙密猟、家畜泥棒、強盗殺人 滝田明日香

台湾の民主主義が始まった。台湾はすでに独立した国

ともに生きよう!東日本 被災地から[72]
     「中通り」住民たちが、原発事故の被害体験や想いを記録

原発ウォッチ!
毒性強い廃棄物。処分地の選定前に「脱原発を」の声、7割 伴英幸

自閉症の僕が「生きていく風景」対話編[29] 東田直樹

世界の当事者になる 「嫌なこと」があった時は 雨宮処凛

毎日が音楽 溶けてなくなる邦楽と洋楽の境目 浅井博章

テレビうらおもて なぜ「美味しんぼ」がここまで叩かれるのか
                            伊藤悟

ひぐらし本暮らし 『青春を山に賭けて』植村直己

COOKING にんじんと揚げえびのエスニック・サラダ 枝元なほみ
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー240号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる