諧話§一日一句~山の生活~2014.06.22

季語は・・・夏草

夏草を 食む牛の背や 蜂踊り

アルプスとはいっても、端っこの標高もそれほど高くはないし、スイ
スのマッターホルンやアイガーといった有名どころのように屹立した
岩山があちこちにあるわけでもない。

いわば、のどかな山間の緑が美しい牧草地帯に滞在しているので、眼
には優しくて、のんびり牧歌的気分を満喫できるのだ。

そんな自然環境の副産物として、蜂や蠅、虻といった羽虫が頻繁に飛
び回ることになる。

外のテーブルで食事をしようとするなら、彼らが飛来してくることを
承知しておかなくてはならない。彼らは、食べ物にも飲み物にも攻撃
を仕掛けるのだ。皿の上の食べ物は防ぎようがないので諦めるとして
も、飲み物は放っておくと水泳を始めたりしかねないので、グラスの
下に敷いてあるコースターで蓋をして防ぐのがお約束なのだ。

そういえば以前見たテレビで、同じようなことをしている場面に出く
わし、いずこも同じなのだと苦笑した記憶がある。

【去年の今日】週話§土曜雑感~歌舞伎座で二部と三部~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック