週話§土曜日乗~蝉の順番~

火曜日、ヒグラシが鳴くのを聞いて驚いた。一週間前の木曜日には、
ミンミンゼミが一番鳴きをして驚かされた……それに匹敵するのだ。
第一、ヒグラシは秋の季語である。



そんな中をニイニイゼミが鳴き出したが、これは時節柄正しい。



ようやくの水曜日にアブラゼミが鳴くのを聞いた。今年に関しては、
明らかにセミ族の時計が狂っているのではなかろうか。

……などと思っているのは人間だけで、セミにしてみれば“時が来た
から”という体内時計で活動を始めたに過ぎないということだろう。

どうしても人間は、何か現象を見た時、そこに意味合いを見出そうと
考えてしまう生き物なのだ。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック