気話§桐始結花~七十二候~大暑

大暑の初候“桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)”である。

昨日“気象庁的”梅雨明けをしたようだ。この一週間、東京あたりに
降った雨は、梅雨前線というよりはもっと局地的に不安定な大気のな
せるものだったと思うが例によって慎重居士の気象庁というわけだ。

さて、小学校や中学校は三連休初日から夏休みに入ったようで、8月
一杯40日ほどの楽しい日々であろう。

通っていた小学校と中学校の夏休みは、東京より6日短くて8月25日
までだったのは、いまだに釈然としなかったりする。それで冬休みの
長さは同じだったりするのだから余計に釈然としないのである。

とまあ、40年以上も昔の恨み言をブログに書き連ねても、意味などは
まったくないのだけれど……。

仕事をする人間にも、休みに入った子供達にも、夏の暑さは、等しく
天から舞い降りてくる。梅雨が明けたとはいえど、この先日々の夕立
などで涼しさを恵んでいただければ幸いである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック