週話§祝日日乗~秀山祭九月大歌舞伎~

初代吉右衛門生誕120年を記念して、二代目吉右衛門が催しを始め
た秀山祭は2006年に始まったので、まだ歴史は10年に満たない。初代
が死んだ2週間後に生まれた身としては、なかなか遠い存在である。

画像

今月は昼の部のみを観ることになっている。出し物は2本で『鬼一法
眼三略巻』から“菊畑”と『隅田川続俤』はおなじみの“法界坊”で
ある。

『菊畑』を観るのは初めてかと思っていたら、同居人が観たことがあ
ると言っている……これがまた観たのかどうかの記憶がまったくない
という体たらくなのだ。

終演は15時半過ぎ。ちょいと銀座をぶらつき、その後はいつもの居酒
屋あたりで晩飯ということになるだろう。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック