ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄話§東海道新幹線開業五十周年

<<   作成日時 : 2014/10/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1964年10月1日、東京と新大阪を結ぶ東海道新幹線が開業した。今年
で50年、半世紀が過ぎたことになるのだ。

同月10日から東京オリンピクが開催される、そのタイミングでの開業
を目指していて、ぴったりのタイミングで開業が実現したのである。

それまで東海道本線を運行していた特急こだまは、東京と大阪の間を
6時間40分かけて走っていたのが、東海道新幹線は東京〜新大阪間を
ひかりは4時間、こだまで5時間という、それが開業当初の所要時間
なのだった。

そんな新幹線に初めて乗ったのは1972年の秋、高校の修学旅行で関西
に行った時のことである。開業から既に8年が経過してという、何と
ものんびりとした初乗車である。その時で新大阪まで3時間10分、ダ
イヤも1時間の間に、ひかり4本、こだま4本になっていたのだ。

新幹線は、岡山へ伸び、さらに博多へと西進し、東北、上越、北陸、
そして九州と新幹線網は拡大していった。

現在の東海道新幹線は、のぞみだけで1時間に10本。ひかりとこだま
が2本ずつで合計14本が正確なダイヤで運行している。昨今、ダイヤ
どおりの運行を維持することができなくなっている海外の鉄道状況を
垣間見た身にしてみれば、それだけの車両を事故も無く走らせている
ことをもって、辛うじて“日本の技術力”が保たれているような気が
するのである。

《日本のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
鉄話§東海道新幹線開業五十周年 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる