悼話§桂米朝さん(落語家)

50年くらい前のこと。土曜日の13時頃だったと記憶しているが、上方
の落語家による演芸番組をテレビ朝日(当時NET)が放送していた。

番組の最後には大喜利があって、並んで答えていたのは、小米だった
枝雀と、漫談の吾妻ひな子という面々で、司会が桂米朝だったのであ
る。

それにしてもと思い出すのは、今時の関東エリアで上方落語の放送な
どないのに、50年前にそんな番組が放送されていたことを思い出し、
改めて驚いているのだ。

上方落語は昭和20年代前後、漫才に押されて衰退の危機にあったとこ
ろ、米朝をはじめとする落語家たちの奮闘で、何とかしのぐことがで
きた。そうはいっても、東京で上方落語の高座に接する機会は少ない
と思われるし、半世紀前のような番組が放送される可能性もない。

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック