梅話§三月大歌舞伎~染五郎の松王丸~

前週に引き続いての夜の部である。演目は三つ『車引』と『賀の祝』
それに『寺子屋』だった。

画像

昼の部が“仁左衛門の菅丞相”を観るためだとするならば、夜の部は
“染五郎の松王丸”をはじめとした、大歌舞伎というよりも花形に近
い座組ということがいえるだろう。

そういう意味では物足りなさや冗長さも感じることになったのはしか
たのないところである。まず『車引』は染五郎の松王丸に加えて、愛
之助の梅王丸、菊之助の桜丸という顔合わせだが、三人そろって小柄
な印象で、特に愛之助の梅王は荒事の大きさが出てきてくれず残念。

最初がそんな印象だったから『賀の祝』がどうなるかと思っていたの
だが、出来はこちらのほうがよほどいいと感じられた。演劇としての
『賀の祝』ということで、この演目をみるのは2度目だが、ようやく
話が見えてくるようになった。

菊之助の桜丸も『車引』では、ソツのなさが薄味感を覚えたが『賀の
祝』は情感が出ていて憐憫の情を強く抱いたのだ。

さて『寺子屋』である。これまで10回以上観ているが、今回の演出の
寺入りを観るのは初めて。悪さをする涎くりに戸浪が罰として机の上
に立たせるという場面に続いて、小太郎が寺入りし、千代との別れを
見せる趣向だった。

それは興味深いものではあったが、上演時間が長くなり、染五郎の松
王も松緑の源蔵も舞台をもちきれずで、いたずらに冗長な寺子屋とい
う印象になってしまった……何度か松王が咳き込むのに、時間をかけ
過ぎて間がすかすかになってしまっていたが、あそこまで長く咳をす
る必要はあるまい。

そんな中にあって孝太郎の千代がいい味を出していた。壱太郎の戸浪
が、まだまだ青臭いのに比べると、いつの間にか存在感が増していた
ことに気がつくのだった。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック