ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪話§ワルキューレ〜東京・春・音楽祭〜

<<   作成日時 : 2015/04/07 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

花曇りという以上に厚い雲に覆われた中を東京文化会館へ。一昨年だ
ったか、公園口改札のフロアが人であふれて出るのに苦労したことを
思えば、花見客が少ないことに感謝しなくてはならない。

というわけで『ワルキューレ』を聴いてきた。正味演奏時間は3時間
30分ほどと、去年の『ラインの黄金』と同様の快速テンポで、音楽が
滞ることもなく、丁寧な字幕にも助けられ、十分に堪能できたのだ。

画像

指揮:マレク・ヤノフスキ

ジークムント:ロバート・ディーン・スミス
フンディング:シム・インスン
ヴォ―タン:エギルス・シリンス
ジークリンデ:ワルトラウト・マイヤー
ブリュンヒルデ:キャサリン・フォスター
フリッカ:エリーザベト・クールマン

ヘルムヴィーゲ:佐藤路子
ゲルヒルデ:小川里美
オルトリンデ:藤谷佳奈枝
ヴァルトラウテ:秋本悠希
ジークルーネ:小林紗季子
ロスヴァイセ:山下未紗
グリムゲルデ:塩崎めぐみ
シュヴェルトライテ:金子美香

管弦楽:NHK交響楽団
ゲスト・コンサートマスター:ライナー・キュッヒル

去年に引き続きヤノフスキの棒の下、N響が大健闘といえるだろう。
特にキュッヒルが引っ張りまくるヴァイオリン軍団の雄弁さは、彼を
呼んでよかったと今年も思わせてくれた……残り2作もよろしゅう。

ただし第1幕に比べて2幕と3幕は、やや力不足と感じられた。休憩
なし2時間15分だった『ラインの黄金』よりはまとめきれていなかっ
たのだと感じた。とはいえ、東京でこれだけの音楽を聴くことができ
たのだから大満足である。

歌手は、ベテランのワルトラウト・マイヤー歌うジークリンデが語り
口のうまさで聴かせてくれ、これに対し売り出し中、伸び盛りである
エリーザベト・クールマンのフリッカはムラのない美しい声を惜し気
もなくホールに響かせ、マイヤーに次ぐ喝采を受けていた。キャサリ
ン・フォスターのブリュンヒルデも、パワフルで使い減りしない声は
聴き物だった。

女声に比べて男声3人はやや分が悪かったような印象……ディーン・
スミスは危なげなくジークムントを歌い切ったけれど、シリンスのヴ
ォータンは『ラインの黄金』でも感じたように、もう少しアクの強い
ところがほしかった。シム・インスンのフンディングは強いバス・バ
リトンで、いいものを聴いたという感じがした。それにしても韓国は
優れた低音歌手を輩出するものだとしみじみ思う。

《憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
輪話§ワルキューレ〜東京・春・音楽祭〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる