化話§虹始見~七十二候~清明

清明の末候“虹始見(にじはじめてあらわる)”である。

あっと思えば、4月も半ばにさしかかった。名残りの桜が少しばかり
枝に付いていたりするが、今週末にはそれらも落ちてしまうだろう。

画像

先週より今週、昨日より今日というペースで木々の緑が増えている。
毎年書いているような気はするけれど、この先の新緑の美しさは、咲
き誇る桜花と比べて、まったくひけをとってはいないと思っている。

桜も新緑も、春や初夏を迎えるという喜びに満ちた色合いで、だから
人の眼にも優しくて、心を穏やかにさせてくれるようだ。

東京は、4月に入ってこのかた雨の日続きで、昨日までで10日間雨模
様である。それにひきかえ、晴れた日はわずかに2日と、花曇り、花
冷え、花散らしの雨といった言葉が幅をきかせている。

予報では、水曜日の今日も雨ということだが、ここまでの気温の低さ
から20度くらいまで上がる御託宣で、さぞや今日は、蒸し暑い一日に
なりそうな予感なのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック