ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー267号発売中!

<<   作成日時 : 2015/07/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー267号は7月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。エマ・ワトソンが表紙。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャル企画 エマ・ワトソン

リレーインタビュー 保田圭(タレント)

特集 世界一のクラゲ水族館! 奇跡の再生物語

“落ちこぼれ”水族館だった。1964年の開館時に20万人あった入館者が、96年に9万人と激減した時、サンゴの水槽から突然湧いて出たサカサクラゲの赤ちゃん。それを見て歓声をあげるお客に、館長は「クラゲにかけよう」と決意した。

それから10年、2005年、世界一多いクラゲを展示、08年にノーベル賞の下村脩さん研究のオワンクラゲで注目され、12年にはギネスブックに認定。そして今、数千のミズクラゲが浮遊する5メートルの大水槽の前には、クラゲに見とれる老若男女が佇む。14年6月から1年間の入場者は83万人をこえた。

海の生き物としては地味で、漁師にとってはやっかいもののクラゲを主役に、繁殖や飼育方法を手探りしながら「加茂水族館」(山形県鶴岡市)を世界一に育ててきた村上龍男さん(前館長)、奥泉和也さん(現館長)とスタッフのみなさんに話を聞いた。


ストリート・エコノミックス
         人は自由であるほど、不自由を我慢する 浜矩子

ノーンギシュの日々 終わらないケニアの雨季 滝田明日香

英国、若者ホームレスのための「ランニング・チャリティ」

米国・路上から ホームレスに扮するセレブ 岩田太郎

世界の当事者になる 置き去りにされた子ども 雨宮処凛

ともに生きよう!東日本 被災地から[98]
       農家が開いた写真展。日本一のシイタケ原木産地から

原発ウォッチ! 放射性廃棄物の地層処分 伴英幸

自閉症の僕が「生きていく風景」対話編[55]
          「共世界へのためらいがちな参入」!? 東田直樹

ビッグイシューアイ
   14原発24基が再稼働の申請! 最後に止められるのは市民の力
                         井野博満さん

毎日が音楽 フジファブリック 浅井博章

監督インタビュー 『サイの季節』バフマン・ゴバティ監督

テレビうらおもて テレビをぼーっと見ている間に 伊藤悟

ひぐらし本暮らし 『照柿』高村薫

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー267号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる