雅話§百人一首考[42]~ちぎりきな~

[承前]

清原元輔(きよはらのもとすけ)

契りきな かたみに袖を しぼりつつ
末の松山 波越さじとは


これはどうも“熱々”にして“ラブラブ!”な恋の歌のようである。
ごちそうさまと片づけておしまいにしたいところだ。と思っていて、
ふと、平安時代のラブラブな恋人たちはどのような会話をしていたの
だろうと想像してみた。

正しくは、想像しようと試みはしたものの、とんと見当がつかぬ……
というのが正直なところである。

その当時、話題になりそうなことといえば、まあ“人間関係”の類と
それにまつわる噂話のようなもの、後は時節柄の話くらいのもので、
どこの店がうまいからこんど行ってみようじゃん、みたいなグルメ話
などありようもなかっただろう。

だからこそ、より濃密に恋愛に集中することができたのではないかと
単純素朴に思ったりするのは、今の時代は恋愛そのもの以上に、その
ためのツールはキリもなく存在するものの、肝腎の本質まできちんと
たどり着けているものだろうかと疑ってしまったというのが、この歌
について書きつつ、並行して考えていたことである。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック