顧話§今日の歴史~ケストナー死去~

1974年7月29日、ドイツの小説家エーリッヒ・ケストナー死去。

去年がケストナー逝去から40年という区切りの年だった。そんな年を
挟んだ2013年と今年、彼が生まれたドレスデンと彼が死んだミュンヘ
ンを訪ねている。

どちらの街も、複数回訪れていて何となく勝手がわかっていることも
あるが、ケストナーが愛した街の雰囲気がさり気なく伝わってくるよ
うな気がしてならない。言うまでもないことだが、ドレスデンとミュ
ンヘンとでは、都市の趣がまったく異なっていて、とうてい比較する
ことはできない。

↓ミュンヘン市内の小さな教会墓地にある墓
画像
ドレスデンでは、今年もケストナーの生家が建つ通りで営業している
コインランドリーに大量の洗濯物を持ち込んで洗いまくった。通りの
名前は“王様橋通り”と何やらいかめしいものだが、雰囲気は下世話
で下町情緒らしきものが感じられる。

画像

写真は、コインランドリーを背に、道路を挟んだ、向かいの壁に囲ま
れた家はケストナーの叔父の屋敷で、今はケストナー博物館になって
いる。それから正面やや左の塔は、ケストナーが洗礼を受けた三賢王
教会と、何やらケストナーゆかりのポイントが集中しているのだ。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック