顧話§今日の歴史~ボイジャー2号~

アメリカの惑星探査機「ボイジャー2号」打ち上げ。

1977年8月20日に地球を出発したボイジャー2号は、木星、土星、天
王星、海王星を探査する“グランドツアー”を実現させたのである。

1977年といえば、大学4年。夏休み恒例となった尾瀬の山小屋アルバ
イト最終年でもあった。そんなタイミングで2号は打ち上げられて、
我が身が定年を迎えようとしている今のボイジャーが飛んでいるのは
太陽から約160億446万km(2015年1月19日現在)という、想像もつかな
い遙か彼方なのだ。

38年という時間を飛んでいるのだが、太陽系を離脱したのかどうか、
まだ微妙な空間なのだという。

それよりも何よりも、機械に人間性を転化させる癖がある日本人にし
てみると、さぞや寂しいだろうなあということに尽きてしまうのだ。
そんなに離れて太陽が点のようになった今でも、地球との交信は細々
と続いているとのことで、うまくいけば2030年くらいまでは情報の発
信が行われるということのようだ。

NASAのスタッフのみなさんには、ボイジャーに向かってせっせと
励ましの言葉を送ってやってほしいと思う、今日この頃なのである。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック