軌話§京王線あれこれ[44]ダイヤ改正

[承前]

通勤していた時もラッシュアワーとは無縁だった。京王線ダイヤ改正
――京王は改正ではなく“改定”で、そっちがしっくりしていた――
が9月25日に実施されるというお知らせを目にしたが、既にその日は
定年退職者となっているので、さらに無関係になってしまっている。

それでも、相模原線利用者にとって痛恨の変更点はといえば、準特急
の停車駅が2つ(笹塚、千歳烏山)増えるということで、これまで30分
ほどで新宿から最寄駅に着いていた所要時間が余計にかかりそうなの
だ。

勤めている時だったら、新宿線から笹塚で準特急に乗り換えられると
いうのは大きなメリットのように思われるが、勤めをやめるタイミン
グでは、さほどありがたいとは思えない。

会社勤めの時でも完全時差出勤だったし、ダイヤが変更になっても、
基本的にはダイヤに合わせて動くスタンスを取っていた。そうしても
出社時刻が10分早くなるか遅くなるかの違いだけでしかなかった。

困るとしたら、我が家の直近を走っているコミュニティバスが45分に
一本しかないので、その運行時刻との兼ね合いが難しくなったりする
が、それもまあ何とかやりくりできたのだ。

これまでもそうだったが、この先もガツガツすることなく京王線を利
用することになるだろうから、気分的には穏やかなのである。
                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック