週話§土曜草々~十月終わる~

9月は、退職から年金と健康保険の手続きをクリアした後、尾瀬への
“センチメンタル・ジャーニー”をしたが、会社生活のクールダウン
のような趣があったと思っている。

そして10月の一か月間は、歯医者でのケアに始まって、職安での失業
認定作業、それらを挟んで、国会前の反原発集会や、安保法制反対の
シンポジウムにも足を運んだりした。

で、毎日毎日やることが違っていて、月曜から金曜まで淡々と会社に
出勤して仕事をしているのと、まったく異なる質の生活状況が続いて
いる。あるいは、今年一杯こんな感じで推移していくののだろうかと
すら思ってしまう。

退職後の日々が安穏で何もない休日のような……と想像していたのと
はまったく違っていて、何とも忙しなく出かけているようなのだ……
などといううちに10月が終わってしまう。これほど月日の流れが速い
というのは想定外で、もっとゆったりとした日常だと思い込んでいた
のは、上に書いたとおりである。

《定年のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック