週話§土曜草々~十八世中村勘三郎~

今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の逝去から3年。
そしてモーツァルト224回目の命日でもある。

10日前、三島由紀夫の命日の時には、もしも長生きしていたらなどと
考えることは意味がない……というようなことを書いたが、勘三郎に
ついては2001年から10年ちょっと、彼が高みへと昇っていく様子を目
のあたりにしたことで、先々の可能性も見えてきたのだった。

だからことさらに彼の六十代、七十代の舞台がどうなっていっただろ
うと今でも想像をめぐらしてしまう自分たちがいる。還暦で今年の誕
生日を迎えたはずの勘三郎は、生きていれば疾走し続けたそれまでの
役者人生から、少しばかりギアチェンジして円熟への道を歩んだと想
像することはできる。

勘三郎自身も様々な考えを持っていて、年齢を重ねながら、一つ一つ
実現していったに違いない。彼が常々口にしていたこととして、還暦
の年に『助六』を演じるというのがあった。成田屋團十郎とは違って
少し丸みを帯びた容貌から、愛敬がこぼれはじめるような助六を見せ
てくれたのではと、どうしても自分より一歳年若い、卓越した役者を
惜しむことになってしまうのだ。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック