軌話§京王線あれこれ[48]雪と京王線

[承前]

週明け月曜日は、始発から首都圏の鉄道網が機能不全に陥った。我が
京王線でも、特に相模原線は若葉台と調布の間が午前中の運休を余儀
なくされ、本線でも多くの通勤客が朝からカオス状態になっていた。

ここ何年か、京王線が明らかに雪に弱くなっているようである。京王
線の利用を始めた30年前からこのかた、他の鉄道が雪で運休しても、
京王線は悠然と運行していて、通勤者としては大助かりだったのが、
ここにきて状況がボロボロと見受けられるのは、いかなる内部事情に
よるものなのだろうか。

はっきり言って、運行に対するサービス状況が、どんどん低下してい
っている印象である。頻発している安全確認とやらも、気がついたら
過剰になっていやしないかと疑っているところである。もちろん、安
全確認をなおざりにするなど論外であるにしても、無用に長く電車を
停めていやしないかと思うことがあるのだ。

とりあえず京王線における雪対策は以前と同様ということのようで、
後は予報との兼ね合いから、降雪以前の対策を立ててもらいたい。

月曜日の京王線は、朝の通勤時間帯に通常の3割程度しか走らせるこ
とができなかったということで、それでは駅周辺が通勤客でごった返
すのも無理からぬことであった。
                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック