安話§小学校&中学校のレイアウトなど

2月に行われる我が校友会の講演会&コンサートのパンフレットを、
多摩市内の小学校と中学校全27校に配布すべく、自動車を駆って水曜
日の午前と午後延べ数時間の行脚をしてきた。

会社の仕事は完全なデスクワークだったから、運転していて“会社や
病院、学校を日がな一日回っていく営業とは、こういうものだったの
か”と追体験をしていたのだ。

その時に気がついたことを書く……昨今は御時勢もあって、学校の門
扉は出入りするごとに開閉することになっているが、車だといちいち
乗降してという煩わしさはある。

そこまではいいのだが、実際に玄関から校舎に入った時“あれっ”と
思ったのは、校長室、職員室、事務室が2階に置かれていることだっ
た。それらが1階にあったのは1校、あるいは2校だったかというも
のだった。

我々が小学生だった時、校長室も職員室も1階にあったことから考え
るとなぜ?と考え込んだのである。それは、開校した時点でそういう
配置になっていたということではないか。

学校に不審者が侵入してトラブルを引き起こすという、中には児童や
生徒が殺傷されたりという事件も起きているという状況下にあって、
なぜそうした部屋が2階にあり、1階に教室がという現実を見た時、
それは違うだろうと率直に思った。

車で数時間かけて狭い市内を回りながら考えていたのは、そんな学校
の危機管理に対する疑問だったのである。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック