ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 顧話§今日の歴史〜西高島平から三田〜

<<   作成日時 : 2016/05/06 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1976年5月6日、都営地下鉄三田線が全線開通。

かつて、都営地下鉄6号線と呼ばれていた三田線が全線開通した時、
板橋区は赤塚というところに下宿して大学に通っていた。利用してい
たのは成増から池袋までの東武東上線だったから、三田線に乗ること
はほとんどなかった。

必要があって乗ったのは開通した翌年、大学4年の就職活動の時に、
面接を受けるために終点の西高島平から神保町まで、何度か往復した
時のことである。

下宿があった赤塚は、荒川の河岸段丘の上にあって、西高島平に向か
う時は、けっこうな坂を下っていったことを思い出す。で、西高島平
から志村三丁目までは、右に高島平の団地群を眺める高架を走って、
その先から地下に潜るのだ。

ただ、下宿から西高島平までは徒歩で20分ほどもあり、そのルートで
神保町を行き来するのは実に不便だと感じた。それだからというわけ
ではないが、就職して最初に住んだ最寄り駅は荻窪だった。

その後三田線は、2000年に白金高輪などを経て目黒まで延伸し、さら
に東急東横線の日吉まで直通運転されたのである。

開業してしばらくは地味めな印象を抱かされた三田線だが、どうして
どうして、大手町や日比谷を通る通勤路線としての存在をしっかりと
主張しているではないか。

最後にオマケの動画を貼っておく……ベルリンフィルのホルン吹きが
東京の地下鉄駅をたどたどしく朗読しながらの『地下鉄ポルカ』もし
くは“ニシタカシマダイラ”です。



《鉄道のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
顧話§今日の歴史〜西高島平から三田〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる