ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 連話§ワタシの酒肴[101]里芋

<<   作成日時 : 2016/06/20 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

じゃがいもをはじめとして、芋の類は好きである。さつまいもはまあ
酒の肴にはならないけれど、それ以外はいい肴になってくれるのだ。

で、里芋である。ほっくりした煮っころがしは日本酒にばっちり合う
というのは何とも不思議だなあと思う。醤油、砂糖、味醂という甘辛
風味は、欧米の人間には想像もできない味ではないだろうか。日本的
味の世界というものであろう。

さすがに甘辛い料理とビールを合わせることは避けている……呑まな
くはないけれど。だから煮っころがしに箸をつけるのは日本酒に移っ
てからのことになる。

そういえば、里芋よりももっとねっとりとした舌触りに海老芋があっ
て、今はなくなってしまった居酒屋で季節になると、たっぷりの大根
おろしに温かい出汁を入れた中に炊いた海老芋があって、これがまた
日本酒を進ませてくれるのだった……海老芋の煮おろしというやつで
ある。

実は、里芋の類を食べるようになったのは、成人してからのことで、
考えてみればああいった食べ物を子供が好んで食べるとは思えない。
あれはあれで、大人の領域に入らなければわからない類の味なのだ。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
連話§ワタシの酒肴[101]里芋 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる