米話§アメリカの銃砲所持を考える

アメリカの銃規制派と所持派のせめぎ合いを取材したドキュメンタリ
ーを見た。

現大統領のオバマは銃規制派である。アメリカ国内で頻繁に起こる銃
乱射事件を引き合いに出して――それだけではないだろうが――銃砲
売買に一定のルールを設けようと腐心している。

ところが銃所持賛成派は、銃の所持はアメリカ建国以来のもので、憲
法によって保証されているというスタンスを崩さず、頑強に抵抗を続
けているのだ。それは既に被害妄想のヒステリーとしか感じられなか
ったりするのだが。

アメリカ・ライフル協会は最大最強のロビイストの一つであり、議会
に対する圧力は激烈なものがある。そこを突いて規制を拡大するのは
至難ということなのだろうか。

町の銃砲店の様子が映し出されると、うら若い女性であっても簡単な
チェックシートに記入すれば簡単に銃を入手することができる。さら
に各地で行われている“フリーマーケット”に行けば、ノーチェック
で売買されていると知ったが、これは相当にショックなことである。

これまでもアメリカに旅行することをためらっていたが、ここに来て
一生旅行することはないだろうと思ったのは、こうしたドキュメンタ
リーを見たがゆえのこと。

さらに、ふと思ったのだが、例えば日本を訪れるアメリカ人旅行者の
中にあって、少なからぬ人間が銃を所持したまま入国してきているの
ではないか。アメリカ人の中には、他の国で一般人が銃砲所持を法律
で禁止していることを知らない人間がいるのではないかと想像したの
である。

《戦争と平和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック