移話§土潤溽暑~七十二候~大暑

大暑の次候“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”である。

一年前のこの時期の東京は、35度前後の猛暑日を連日記録していた。
気がつくまでもなく、我が会社生活もどんどん最後が近づいていて、
明けて8月一か月間は、残りに残った有給休暇の消化にあてたのだ。

で、会社にいればエアコンの環境下でそれなりに快適な時間を過ごす
ことはできたのだが、自宅においてエアコン三昧などとはおいそれと
できるわけではなく、日中は北側の部屋で、せいぜい扇風機を回して
過ごし、夕食が近くなったところでようやくエアコンの世話になるの
だった。

そんな過ごし方は今年も同様で、自宅にいる時のエアコンは夕方から
で、それが就寝後まで涼ませてもらっている。

しみじみと思い返すのだが、37年半の会社生活は、ある意味で相当に
恵まれていたということは疑いようもない。

今の御時世、使用者側に都合のいい非正規雇用ばかり増やし、会社ば
かりが肥えていくという事実を見て、日本の将来に小さからぬ不安を
覚えるのは自分だけのことだろうか。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック