啼話§ニイニイゼミが増えている

我が家の周囲ではニイニイゼミが増えていて、これは明らかな実感で
ある。

ニイニイゼミの鳴き声は、下をクリックして聴くとして、ジ~~~と
持続音がいつまでもというあれだが、初めて聞いた時は蝉だとは思え
ず、長いこと何か機械音かと思い込んでしまっていたくらいなのだ。



そんなニイニイゼミだが、去年、一昨年に比べると明らかに個体数が
増えていることに気がついた。あちらこちらから持続音が聞こえてき
て、これまではせいぜい数匹くらいで視認できなかったのが、今年は
木にとまっている姿を何匹も見つけたが、ひょっとしてニイニイゼミ
の姿を見たのは初めてかもしれない。

画像

さらに蝉話は続くのだが、今年もアブラゼミよりも早いタイミングで
7月中にミンミンゼミが鳴き始めた……数年前だったなら、学校が夏
休みに入る7月中旬、ニイニイゼミに続いてアブラゼミが鳴き始め、
8月も立秋頃にミンミンゼミが鳴き、終戦記念日あたりからツクツク
ボウシが鳴くという、それが平年の蝉スケジュールだったのである。

そんな図式が明らかに崩れてしまった原因が“地球温暖化”の影響で
あるものかどうか、おっちょこちょいなミンミンゼミがフライングを
しているのか、もう少し様子を眺めることにしよう。

こうしてブログに記録しておけば、大雑把にしてもデータは積み重な
っていくはずだから。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック