移話§山茶始開~七十二候~立冬

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。

半年前、5月立夏の何ともまぶしい頃に比べれば、明らかに光線の具
合が“傾いている”と感じる。

今日の日の出は6時8分、日の入は16時41分……17時前には暗くなっ
てしまう16時を過ぎる頃、すっかり陽は傾いて夕闇が迫ってくるとは
さすがに寂しいものがある。

かたや立夏の頃の日の入は18時半頃だから、その差は歴然なのだ。た
だ、救いといえば来月上旬の終わりには徐々に日が伸びてくるという
ことで、個人的にはそのタイミングで春が近づいてくると感じるが、
寒さが本格的になるのは、さらにその先というのが何ともはや……。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック