移話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。

暦が11月へと移った。今年も残すところ2か月、次候は立冬となる。

10月も半ばを過ぎた頃から、木々の葉の色づきが目に立つようになっ
てきた。桜の葉の色づきが早くて、下旬にはそのほとんどが枝から落
ちてしまっていたが、ひょんなことで突発的に夏日になった10月下旬
でもあった。

こうして一進一退を繰り返しつつ、季節は移ろっていく。最低気温が
一けた台になるのも珍しくなくなるのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック