移話§款冬華~七十二候~大寒

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。

先回りするなら大寒の次は立春で、春近しということになるだろう。
だが、残念ながら大寒から立春へと寒さはいよいよ厳しいものとなっ
て我々を震え上がらせるのである。

しかも、天気予報では関東南部でも雪が降るとあって、週末金曜日の
世間は大丈夫だろうかと心配する。我々のように世間との縁が薄くな
っている人間は、みなさんの邪魔にならぬよう家に籠ってじっとして
いるのだ。

風邪の気はようやっと抜けたけれど、寒い日が続くから油断できない
のはもちろんのことである。一月も中旬が終わり、ほどなく下旬へと
暦は進む。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック