環話§黄鶯なく~七十二候~立春

立春の次候“黄鶯睍睆(うぐいすなく)”である。

着々と暦は進んでいく。もちろん空は冬の青で、日中でも白銀に覆わ
れた富士山の姿が我が家からも見える。

そういえばと思って日没時刻の直前、ベランダからダイヤモンド富士
が見えるものかどうかを確かめに出てみたら、既に太陽は富士山から
北に移動して沈むようになっていた。

おそらくは、1月下旬がダイヤモンド富士のタイミングだったと思わ
れるが、夏至を過ぎて日没の位置が南へと移動していく、12月頃にも
一度ダイヤモンド富士を見れるチャンスはあるが、この先10か月は待
たなくてはならない。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック