週話§土曜片々~2月最終土曜日~

というわけで……予想どおりというか、2月があっという間に過ぎて
いきそうで、今日を入れても残り4日である。

そして、ということは今年も残すところ、あと10か月ということでは
ありませんか。などと、そんな与太を飛ばせるのも定年退職者という
境遇だからなのだろうなとも思うわけであります。

宮仕えの時代には、眼の前の仕事に追われて、気がつけばずんずんと
時は過ぎていたわけで、ふと立ち止まって季節季節のあれこれを愛で
られるようになったのは定年も間近になった数年なのだった。

つまり世間を見渡せるくらいに視野が広くなってのはつい最近のこと
なのだ。

いしいひさいちの四コマ漫画『ののちゃん』の中に、ののちゃんのお
ばあさんが桜を見上げて「あと何回見られるやろか……」と寂しそう
につぶやいた舌の根も乾かぬうちに「30回やろか」とかまして、横で
心配顔の娘(ののちゃんの母親まつ子はん)をずっこけさせたのがあっ
た。

それからすると、自分の身から考えるなら「あと……20回やろか」と
いうあたりだと予想しているのだけれど。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック