ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 環話§蟷螂生〜七十二候〜芒種

<<   作成日時 : 2017/06/05 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

芒種の初候“蟷螂生(かまきりしょうず)”である。

蟷螂(カマキリ)は機敏な昆虫なのか、よくわからない。かなり立派な
翅(はね)を持っているにしては飛ぶことが苦手らしく、数mくらいを
バタバタ飛ぶのがせいぜいである。

まだ、虫あれこれについて無知同然だった小学校低学年の時、田んぼ
でイナゴを捕って遊んでいた。その時にカマキリを見つけて手を出し
たら“蟷螂之斧”でこっぴどく痛い思いをしたのだった。

バッタの類が草食であると思い込んでいたがゆえの所業だったのだが
もちろんそれ以来カマキリに手出ししたことは一度もない……人間は
学習するのであるよ。

追記:キリギリスも肉食で、状況によってはカマキリをも捕食する。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
環話§蟷螂生〜七十二候〜芒種 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる