環話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。

大気が相当に不安定だ。

数年前と比べて、ゲリラ豪雨も頻発しているような気がするし、降る
場所のあちこちへと広がったような気がする。

ところが通常の雨は降るけれど、ここしばらくというもの我が家のあ
たりでは衛星放送の画面が乱れて見えなくなるほどの強い雨は降って
いなかったが、昨日の我が家は久々のゲリラ豪雨に見舞われて、衛星
放送を見ることができずに難儀した。

連日真夏日なのだから、毎日30分、一時間はザーッとシャワーよろし
く強めの雨が降ってくれないものかと思う。三多摩南部丘の上という
高台住まいなので、水が出て難儀する心配はないけれど、ほどほどに
強く降ってくれればありがたいのだが。

今さらながら天空のバランスが崩れているように見えるのは、地球温
暖化の影響が大きいということなのだろう。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック