ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 連話§ワタシの酒肴[123]天麩羅かな

<<   作成日時 : 2017/10/11 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

酒肴としての揚げ物については、何度か書いていることだから、重複
することになるだろうが、また新たに感じるところあるかも知れぬ。

ということで年に一度、年末年始の買い出しが済んだタイミングで、
デパ上のレストラン街にある新宿の老舗天麩羅屋で、夫婦の忘年会を
行っているが、それももう何年になるだろうか。

毎年、そのデパートのポイントをコツコツと貯めている。一年すると
それでその店の一番安い天麩羅定食2人分+酒代くらいにはなるので
それを楽しみにせっせと貯めるのだ。

一番安い天麩羅定食といっても2人して注文すれば、居酒屋で肴を注
文して酒を呑むようなお勘定になってしまうので、馬鹿にできない。

問題は、一番安い定食の天麩羅でも量が多くなりつつあるということ
である。海老2、魚1、野菜1、穴子1、小かき揚げという品揃えだ
が、穴子が余分と思われ、それは要らないからその分安くしてくれと
言いたくなってしまう。

そして生おビールと日本酒を呑みつつ、穴子まで何とかたどり着いた
締めに、かき揚げを小天丼にしてやっつけるのである。これがまあ、
年末最後の楽しみで、お勘定は1000円の商品券数枚と端数の小銭で済
むのだ。買い物をした余得とはいえ今年もありがたく使わせてもらう
のだ。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
連話§ワタシの酒肴[123]天麩羅かな ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる