ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐話§昭和四十年代〜東京の都電に〜

<<   作成日時 : 2018/04/04 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

都電に乗りたかった。なかなか東京に行く機会はなかったが、1969年
にアマチュア無線の国家試験を受けるために東京に行った時にチャン
スがあった。

泊まらせてもらっていた板橋の親類のところから池袋に出て、そこか
ら神保町に行ってみようと考え、池袋駅東口の都電ターミナルに行っ
てみると、既に少なくなっていたとはいえ、いくつかの路線が存在し
ていて、さてどれに乗れば神保町に行けるものかと、近くで発車待ち
をしていた運転士に聞いてみたのだ。

すると答えは「ここから神保町を通るのはないよ」というもので、し
かたないと諦めて、別のルートで神保町に行くことにしたのだった。

ところが、ずいぶん後になって調べてみたところ、池袋から神保町を
通る路線があるようだとわかった。ということは、その運転士が嘘を
ついたのかと考えたが、あるいはこちらの質問のしかたが悪かったの
かとも考えた。そして、その時点で神保町を通る都電路線が廃止され
ていたのか……今となっては確かなところはわからない。

結局、都電に乗れたのは東京で暮らし始めた1973年以降、早稲田から
三ノ輪まで走っている唯一の都電路線である荒川線だった。乗っては
みたものの、走るのは専用軌道がほとんどでちょっと残念だった。

そうして荒川線を除く都電が廃止されたのは、1972年11月のことであ
る。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
懐話§昭和四十年代〜東京の都電に〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる