過話§備忘録的な何か~2018年4月3日付~

3月17日……東京の桜が開花した。

平年より9日早く、2002年と2013年に記録した3月16日に次ぐ早さで
ある。1月の寒さが例年よりも厳しかったので、開花が遅いのではな
いかと思っていたが、2月以降は寒さが緩んできたようで、あっとい
う間の開花宣言である。

開花予想するための目安として、1月からの最高気温を日々積み重ね
ていって何度かに達したところが開花日と予想するらしいが、1月の
寒さを2月でリカバリーできたということか。

それにしても、桜の盛りは2週間程度ということだから4月に入った
らどんどん散り始めてしまいそうだ。

そして年々、靖国神社の標準木を観察する気象庁の係官を“観察”す
る一般客が増えているのがテレビニュースに映っていて、それもまた
日本的な風景とは思うが、かつては“ひっそり”と観察して発表され
たものだったのに、何とも風情がないなあと思ったのだった。

なお、東京都下の我が家は都心より3度ほど気温が低いこともあって
我が家周囲の開花が何日か遅れるのも毎年のことである。

3月17日……開花したのと同じ日、ガウンをクリーニングに出した。
朝起きてひとしきりパソコンの前であれこれする時に羽織っている厚
手のものである。それ以前はカーディガンを着ていたが、それだと上
半身だけだったのが、膝下まで覆われるおかげで冬の寒さが苦になら
なくなった。

クリーニングされたものは、晩秋の頃に引っ張り出すまで大事にしま
い込まれるのである。

《私事のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック