ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 愉話§サバティカルなう!の人がいて

<<   作成日時 : 2018/05/09 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

知人が、この4月から一年のサバティカルに入っている。滞在先は、
ドイツである。サバティカルとは、企業や大学などが、希望する人に
対して有給の長期休暇を認める制度のことである。

仕事をしていた会社には長期休暇制度はあったが、自己都合の場合は
無給だったと記憶していたのだが。

もしも有給でサバティカルが可能だとしたら、あるいは権利を行使し
たかもしれない。ただし、一年間の休暇を取るにあたっては、相当に
周到な準備が必要になるであろうことは必定である。

例えば、留守宅をどう維持するのかに始まって、当然のことながら、
一年間滞在する住居の確保、滞在にまつわる手続きあれこれ、そして
まあ……“現地で何をする”というのが最も大きな問題ではないか。

学者という職種にあるならば、しかるべく研究テーマを決め、それに
従って自ずから目的地も定まってくるだろうが、サラリーマンという
立場の人間だったら、何を目的にすればいいのだろうかと思う。

そもそもサバティカルをしたいという動機が不純であることに気づく
べきで、本人の頭の中にある目的地は、同じくドイツあたりで、日が
なビアガルテンでビールを呑んだり、歌劇場やコンサートホールでオ
ペラや演奏会三昧を目論んでいる……そんなレベルでしかなく、だが
それをサバティカルと呼ぶことはできないだろう。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
愉話§サバティカルなう!の人がいて ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる