継話§麦秋至~七十二候~小満

小満の末候“麦秋至(むぎのときいたる)”である。

小学生の頃の夏休み前、知り合いの農家から数匹の蚕をもらってきて
飼ったことがあった。かつて群馬は“繭と生糸は日本一”とかるたに
あったように有数の養蚕県なのだった。

毎朝、自転車で蚕の餌である桑の葉をむしってきては、せっせと食わ
せたのである。葉っぱを取ってくるついでに、人間様も桑の実を少し
ばかりつまんで食べるのもまた、余得だったりしたのだ。

そのうち、数センチほどに成長した蚕が極細の絹糸を吐き出して繭を
紡ぎ始めれば、蚕の飼育は終わりで、後は繭の中から蛾になった成虫
が出てくるのを待つばかり。

飼育箱の中には卵が産みつけられていることもあったが、どうやら無
受精卵だったようで、孵化したところを見たことはなかった。

前々候“蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)”で書くべきことだった
が、思いたったので書き記しておく。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック