ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 滅話§福島第二原子力発電所全基廃炉へ

<<   作成日時 : 2018/07/06 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

何年か前、再稼働への色気を見せたこともあったが、当然ながら廃炉
という決定が行われたのは6月半ばのこと。遅過ぎるくらいである。

福島にある2つの原発……第一は3・11で爆発し、第二もその時の地震
で停止したままになっていた。4基の原子炉内にあった燃料棒は、す
べて3年前に使用済み燃料プールへの移送が完了しているのだ。

この先、廃炉作業へと進んでいくわけでが、はたして何年かかるもの
なのか。とっくに廃炉が決まっていた第一は、爆発事故の修復作業中
で、廃炉作業が始まっているとは到底言えるものではなく、いつから
廃炉作業と呼ばれるのか、そこの線引きは曖昧でしかないのである。

なので、廃炉作業が始まれば第二のほうがスムーズに進行していくこ
とになるだろう。ただし、日本では営利原発の廃炉が行われたことは
なく、この先にどれほどの年月が必要になるものかと考えるのだが。

原発の新設などは論外として、この先には日本にあるすべての原子力
発電所が廃炉への道をたどることは当然のことで、原発を抱えている
自治体にとっては、原発が稼働せずとも廃炉作業による地元経済への
貢献は期待できるはずである。

そうして、日本は再生可能エネルギーへのシフトを本腰で進めていか
なくてはならない。

《日本のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
滅話§福島第二原子力発電所全基廃炉へ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる