継話§蓮始開~七十二候~小暑

小暑の次候“蓮始開(はすはじめてひらく)”である。

2泊の尾瀬山行などはあっという間で、今日は尾瀬沼東岸に沿って歩
き、三平峠から大清水に下りて戸倉までバスに乗り、駐車場の車をピ
ックアップして帰る。

尾瀬ヶ原や尾瀬沼の標高はおよそ1500m前後だから、東京あたりと比
べて気温は常に10度ほど低い。大学の4年間の夏休みを尾瀬の山小屋
アルバイトで過ごしたわけだが、おかげで2か月間は夏の暑さ知らず
で快適な日々だった。

ところが、アルバイトを終えて下山する時に驚いたのは、バスで上越
線の沼田駅に着いた時である。まだ沼田のあたりは9月初めでも夏の
暑さだが、汗が出ない……体中の汗腺が夏休み状態で閉じてしまって
いたのだ。

これには困った。体の中に熱気がこもって抜けてくれず、下山して数
日は何とも気怠い気分のままに過ごしていたのだ。

今日の候は“蓮始開”だが、尾瀬ヶ原の池塘には、既にヒツジグサの
花が開いていた。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック