ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 不話§手さばきが悪いこと

<<   作成日時 : 2018/09/10 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月の終わり頃だったか、キッチンでの手さばきがすごく悪かった。

食器と食器をぶつけてみたり、別のことをしようと動かした手が、牛
乳パックに触れて調理台にちょっとこぼしてしまったり。極めつけは
せっかく作った酎ハイの入ったグラスを調理台の上で倒して台無しに
したことである。

誰も、そういうことをしようなどと考える人間なんかいない。それな
のに様々な失敗をしでかしてしまうのだ。

それはある意味で自分自身の手の先までコントロールできていないと
いうことがありそうで、手と視界に入っている物との距離感が曖昧に
なっていて、頭の中では大丈夫だと思っていても、それはアバウトな
判断でしかなく、明らかな見込み違いをしては肝を冷やすのである。

これを何とかするには、手先に視線を集めて、慎重に事を運ぶ……そ
んな対応程度しか考えられず、その程度のことでは泥縄にして焼け石
に水で、気がついた時には同じ失敗を繰り返して、天を仰ぐことに。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
不話§手さばきが悪いこと ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる