継話§鶺鴒鳴~七十二候~白露

白露の次候“鶺鴒鳴(せきれいなく)”である。

日本に帰ってきて気がつけば、日没時刻がずいぶんと早まっていた。

8月に日本を出た時は18時25分だったが、帰国した9月7日の日没は
18時1分……もう18時過ぎに電気を点けずに風呂には入れないのだ。

釣瓶落としとはよくも言ったもので、3週間近いブランクの間に世間
はあっという間に暗くなってしまっていたのである。

朝方の外気温も20度台前半と、過ごしやすい気候になってきているこ
とがわかる。で……Tシャツの季節も終わりが近くなりつつあるか。

どうやら時差ボケからも抜け出せたようだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック