ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 漂話§旅は徒然[15]ホテルで部屋飯

<<   作成日時 : 2018/10/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

旧市街からホテルに戻ってきた。もう一度夕食のために出ていきたく
なかったので、帰り道々のスーパーマーケットで、簡単な食材と飲み
物を買って帰ることにした。

ハム類の売り場を見ていたら、パルマ産生ハムをその場でスライスし
ていて、悩むこともなく150gほどを薄切りしてもらった。女性店員が
ニコニコと生ハムの端っこを味見させてくれたが、日本で食べるのと
鮮度が違うように感じたのは錯覚ではないだろう。

画像

それにチーズを適当に見繕って、本当はサラダも買おうかと思ったが
大きいパックしか見当たらず断念。代わりに(違)カップヌードル社が
“Soba”なる製品を出しているのを見つけたので試しに買ってみたが
まあまあな焼きそばタイプではある。

ビールは地元産をと思ったが、たまたま冷えていたのがチェコのピル
スナー・ウルケルだったので迷わずの選択。

↓生ハム100gで500円ほど……日本で買う半額くらい?
画像

かくして冷房で快適な部屋での気楽な夕食となった。いつもだったら
持参したフリーズドライの日本食でとなるところ、今回は現地調達で
まかなう……これもまた新機軸ではある。

↓カップ焼きそばには、こんな注意書きが
画像

やはりスライスしたての生ハムは新鮮に爽やかで、すてきなビールの
あてとなってくれたが、ピルスナー・ウルケルは、何とも缶ビールで
他のビールと大差なく似たような味になってしまうような気がして、
やっぱり樽生が呑みたいと思うお年頃であるか。
                            [続く]

《ビールのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
漂話§旅は徒然[15]ホテルで部屋飯 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる