過話§備忘録的な何か~2018年12月4日付~

11月22日……年末恒例、プロのお掃除さんがやって来た。12月に入る
と年末料金になってしまうので、毎年11月中にお願いしているのだ。

例年のとおりで、素人には手の出せないキッチンのレンジフードの内
部クリーニングに始まって、食洗機のクリーニング、そして浴室のク
リーニングをお願いした。

さすがに去年のクリーニングから一年も経ってしまうと、日常の掃除
では落とし切れない汚れも増えてしまい、年に一度プロにお願いする
仕上がりには、一年の垢落としという意味合いも大きいものがある。

いつもながら丁寧な仕事で3時間……それなりの料金ではあれども、
住居のレベルを保つためには、言うまでもなく必要な出費だと考える
のだ。

特に浴室については、これからの一年の間をできるだけ維持したいと
考えるが、なかなかプロのようにいってはくれない。

11月下旬のプロによる掃除で我々の年末は始まったが、我々の手にな
る大掃除は、12月の押し詰まったタイミングの予定である。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック