過話§備忘録的な何か~2018年12月19日付~

12月4日……府中アメダスの最高気温が24.6度を記録した。四捨五入
すれば、ほとんど夏日である。

画像

同じ日に練馬では25度ちょうどと、立派な夏日となったのだ。今年は
とにかく異常気象と言ってもおかしくはなかった。

12月上旬は気温が高めだったが、中旬に入って少しずつ気温が下がり
はじめて、ようやく本来の冬らしい寒さが戻ってきたのだ。

4日はまた、南寄りの暖かく強い風が吹いたが、これは木枯しと言う
より、むしろ“春一番”に近いのではと感じたほどだった。そういえ
ば今年は11月中に記録されるべき“木枯し一号”が一向に吹いてくれ
ずの冬初めとなった。

そのおかげもあってか、大根や葉物野菜の出来が順調で、ここ何年か
の不作を挽回するようである。それはいいのだが、毎週届く無農薬の
宅配野菜に入ってくる白菜が巨大に過ぎて、少食な老夫婦では持て余
してしまいそうである。

とりあえずは思いつくまま、夕食では週に2回の鍋をセッティングし
ているが、今度はそれ以外の野菜もダブついて何とも悩ましい師走の
風景なのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック