心話§ブラームスの交響曲第4番第4楽章

初めての海外旅行は、1980年から1981年の年末年始を利用してのもの
だった。ウィーンをベースに、ザルツブルクとミュンヘンそれぞれに
一泊して大晦日のウィーンに戻ってきたのである。

その当時はまだ、ブラームスの交響曲を聴いてはいなかったと思う。
せいぜい1番くらいではなかっただろうか。だが、あの時に聴こえた
のは交響曲第4番の終楽章だった。

ザルツブルクから国境を越えて、ドイツに入った列車の窓から見えた
風景は凍てついて荒涼と寒風の吹く野原で、それを眼にした瞬間に、
ブラームスの交響曲第4番第4楽章が頭の中で鳴り出したのだ。

それはあまりにも唐突で、だがあまりにも殺伐とした光景と終楽章の
シャコンヌの音楽がぴったりとはまっていたのである。



ブラームスが作曲しながら、頭の中でどのような風景を眼にしていた
のかはわからない。ただ、彼が生まれ育った北ドイツの厳冬の様子が
奥底にあったと想像するのも“あり”だろう。

本当に時折で稀なことだが、ある風景を眼にしながら、そこに音楽が
突然鳴ることがあるのは、いかなる脳内の為せる技であるものか……
そういえばアウトバーンを快適に走りながら、モーツァルトのホルン
協奏曲のCDを流したりするが、その音楽もまたなだらかな起伏が続
く南ドイツの田園地帯の風景とマッチしていることを思い出した。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック