顧話§今日の歴史~後の日本相撲協会~

1925年12月28日、東京大角力協会が大日本相撲協会と改組。

大雑把にプロスポーツとしての大相撲が成立して、7年後には百年を
迎える。だが、現状の組織としては、何とも由々しき事態続きで、先
行きの不透明感はいや増すばかりではないか。

あまつさえ今月の初めには、貴ノ岩が付け人に暴行して引退を余儀な
くされてしまった。去年、日馬富士に暴行された“被害者”から一転
“加害者”になってしまったのである。

これを無自覚の為せる技と言っていいものだろうか……とにかく相撲
界には、この手の話が多過ぎるように思われるのだが。

個人的に永年の相撲好きではあるけれど、去年からの流れには何とも
な印象は拭えず、今年の初場所観戦を最後に国技館には出かけていな
い。ささやかな“抗議”の意味合いもあるが、たかだか一人や二人が
そんな態度を示しても、相変わらずチケットの売れ行きは悪くなく、
相撲協会全体が反省するとは考えられない。

ただこの先、相撲人気に陰りが出る要素がありそうな気もするのだ。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック