継話§熊蟄穴~七十二候~大雪

大雪の次候“熊蟄穴(くまあなにこもる)”である。 我が家には日めくり暦はないが、それを掛けている家の人は、暦の薄 さをしみじみと感じていることだろう。残る暦も20枚を切ったのだ。 12月という押し詰まった時間ゆえに、どうしてもやり残したことは、 年内に片づけておかなくてはという心理が働くわけだが、やり残した ことは多々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経話§自分自身が二十代の頃

おおよそ40年余り前、大学生だった頃に三十代、四十代の脂ののった 年齢にあって活躍していた人たちが鬼籍に入るようになって久しい。 いちいち名前を挙げるのは省略しておくが、二十代はじめの頃でも、 10歳以上年上だった人たちを見ると、ずいぶん年長であると感じても いたのだった。 自分が齢六十を越えたのだから、彼らが七十代や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more