週話§土曜諸相~今年も淡々と~

人生もおおよそ四分の三が過ぎた。40歳になった頃に人生の半分が過
ぎたなどとは考えもしなかったので、いよいよ我が身も終盤に差し掛
かりつつあることを実感しているのかもしれない。

頭だけはいいのかもしれない若手研究者二人が、とある文芸誌で対談
している内容が問題になった。かいつまんで言うなら“死ぬ前1か月
の医療費さえ削ればよい”という実に乱暴なもので、財務官僚から聞
いたことを代弁していることに呆れたのだ。

まずもって“死ぬ前1か月”ということを、どうやって判断できるの
か……あと半年、1年生きるかもしれないし、その逆もあるだろう。
いかにも傍若無人な物言いである。

ちなみに老人医療に関して、死ぬ前1か月の医療費はそれほどの額で
はないというデータもあって、財務官僚とあろう者が、そんなことも
そんなこともろくに調べず、無責任な発言を傲慢な人間に吹き込んで
広めるということには、この国の劣化を見る思いだ。

淡々と生きていこうと思ったが、結局はこんな批判めいた文章を書く
とは、何とも気が休まらないことで、このまままざまざ死ぬわけには
いかないと思った。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック