継話§款冬華~七十二候~大寒

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。

そして大寒である。ここから2月一杯が寒さ厳しき時期なのである。

朝方に外を出歩くことがほとんどなくなってしまったので、この寒さ
の中、霜柱を踏んで歩く機会もない今なのだ。

外の様子は室内から推し量るしかないが、道歩く人たちが背中を少し
丸めていく様子は、夏頃には伸びた背で歩いているが、そのあたりの
角度が季節によって微妙に違ってくることに気がつく。

日没はようやく17時近くまでとなり、日の出も早まり始めた。寒さが
緩んで水温むの声までは、もう少し時間が必要である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック